/

大西15位が日本勢最高 アジア・アマゴルフ

【ウェリントン=共同】男子ゴルフのアジア・パシフィック・アマチュア選手権は29日、ニュージーランドのロイヤルウェリントンGC(6845ヤード、パー71)で最終ラウンドが行われ、19位で出た大西魁斗が68をマークし通算1アンダー、283の15位で日本勢最上位となった。17歳の林●鑫(かねへんに玉、中国)が通算14アンダーで優勝し、来年のマスターズ・トーナメントと全英オープン選手権の出場資格を得た。

7位スタートの中島啓太は74と崩れ通算イーブンパーの17位、丸山奨王は1オーバーで19位だった。植木祥多は2オーバーの24位、杉原大河は5オーバーの35位、塚本岳は7オーバーの41位に終わった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン