/

大リーグ、今季年俸は試合数に比例 開幕延期で

【ニューヨーク=共同】新型コロナウイルスの感染拡大のため開幕を延期している米大リーグで、選手の今季年俸は試合数に比例することになると28日、スポーツ専門局ESPN(電子版)が報じた。

大リーグ機構(MLB)と選手会が合意しているもので、レギュラーシーズンは162試合の予定だが、81試合なら年俸は半減するという。出来高払いにも適用される。

開幕は最短でも5月中旬の見通しで、両者は最低でも81試合を実施することで協議。選手側にはまず年俸の4、5月分として計1億7千万ドル(約184億円)が支払われる。シーズンが中止になれば、追加の報酬はない。

MLBはアマチュア選手との契約金を抑えるため、ドラフト会議での指名を従来の40巡目から今年は5巡目、来年は20巡目に縮小する権利を持っている。トレードや戦力外、負傷者リスト入りなど選手の入れ替えは28日から凍結した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン