/

ボクシング伊藤雅雪、判定で新王者 WBO王座戦

【キシミー(米フロリダ州)=共同】世界ボクシング機構(WBO)スーパーフェザー級王座決定戦が28日、フロリダ州キシミーで行われ、同級2位で世界初挑戦の伊藤雅雪(伴流)が1位のクリストファー・ディアス(プエルトリコ)に3-0で判定勝ちし、新王座に就いた。

日本選手が本場米国で世界王座に就くのは、1981年の三原正以来で37年ぶり。昨年12月にネバダ州ラスベガスで行われた国際ボクシング連盟(IBF)スーパーフェザー級王座決定戦で尾川堅一が勝ったが、薬物違反で無効試合となった。

伊藤は4回にダウンを奪うなど、優位に進めた。戦績は26戦24勝(12KO)1敗1分け。ディアスは24戦23勝(15KO)1敗となった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン