/

トライアスロン混合リレー、日本は11位 東京大会

トライアスロンの世界混合リレーシリーズ東京大会は18日、東京五輪テスト大会を兼ね、お台場海浜公園で行われ、高橋侑子(富士通)ニナー・ケンジ(NTT東日本・NTT西日本)井出樹里(スポーツクラブNAS)古谷純平(三井住友海上)で臨んだ日本は1時間29分6秒で11位だった。フランスが1時間26分33秒で優勝した。

混合リレーは東京五輪で初採用される。各選手がスイム、バイク、ランを行い、女子、男子、女子、男子の順にリレー。1人が担う距離は通常レースの約5分の1で、今大会はスイム0.3キロ、バイク7.4キロ、ラン2キロだった。日本は既に五輪出場権を得ている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン