/

大谷の投手復帰、5月に遅れも エンゼルスGMが可能性示唆

【ラスベガス=共同】米大リーグ、エンゼルスのビリー・エプラー・ゼネラルマネジャー(GM)は21日、電話会見に応じ、昨秋に右肘手術を受けた大谷翔平の投手復帰の時期が5月にずれ込む可能性を示唆した。同GMは「(開幕後)すぐに投げるか、少し遅らせるか議論中」と語った。

大谷は今季、右肘手術の影響で打者に専念した。投手のリハビリは9月の左膝手術で中断があったが、10月に屋外でのキャッチボールを再開するなどし、球団が19日に終了を明らかにしていた。

投打の「二刀流」復活を目指す来季は投球回数などで制限を受けるとみられ、来年1月に起用法が発表される予定。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン