/

パラ馬術、中村が銅メダル 世界選手権

パラ馬術自由演技で銅メダルを獲得した中村公子(トライオン)=日本馬術連盟提供・共同

馬術の世界選手権は22日、米ノースカロライナ州のトライオンで東京パラリンピック正式種目のパラ馬術自由演技が行われ、5段階のうち最も障害の程度が軽い障害5の中村公子(シュタール・ジーク)が銅メダルを獲得した。日本勢のパラリンピック種目でのメダル獲得は初。

56歳の中村は2014年仁川アジア大会の馬場馬術団体で銀メダルを獲得。16年に右太ももと膝の骨折で障害を負った。「メダルを取りたいなという希望はあったが、まさか本当に取れるとは思っていなかった。緊張はしていたが、馬も私も結構調子が良かった」と話した。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン