/

楽天・田中将、18番のユニホーム姿披露 初投球練習で40球

8年ぶりに楽天に復帰した田中将が7日、沖縄県金武町のキャンプで初めて投球練習を行った。正捕手候補の太田を相手に、直球にスプリットなどの多彩な変化球を織り交ぜて40球を投げた。

ブルペンで投球練習する楽天・田中将(7日、金武)=共同

背番号「18」のユニホーム姿を初披露し、ブルペンに一番乗りした。ノーワインドアップで投球を開始し、途中でセットポジションへ移行した。制球を乱した際には「あかん」「あー」と声を上げる場面もあった。終盤には左打席に打者役を立たせ、力強い球を投じた。

前日6日にキャンプに合流したばかりで全体練習から外れて個別メニューで調整している。11日からは全体練習に加わり、2月中に実戦に登板する予定だ。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン