/

日本選手団が平昌五輪へ出発 小平主将ら笑顔で

平昌冬季五輪の出発セレモニーで、メッセージフラッグを手に笑顔の加藤条治(4日、成田空港)=共同

9日開幕の平昌冬季五輪に出場する日本選手団の本隊が4日、成田空港からチャーター機で出発した。空港でのセレモニーには選手団主将で金メダルが期待される小平奈緒(相沢病院)らスピードスケートの男女、フィギュアスケート女子の坂本花織(シスメックス)やアイスホッケー女子の大沢ちほ主将(道路建設ペリグリン)らが出席。「がんばれ!ニッポン!」の横断幕が掲げられる中、花束や記念品の贈呈などで激励を受けた。

日本オリンピック委員会(JOC)副会長で元外交官の斎藤泰雄団長は「最強のチームジャパンを編成できたと思っている。素晴らしい成果を持ち帰れると期待している」と決意表明した。JOCによると、この日搭乗したのは70選手を含む132人の選手団。小平主将は笑顔で手を振りながら機内に乗り込んだ。

JOCは複数の金を含む9個以上のメダル獲得を目標に設定し、国外の冬季五輪で最高だった前回ソチ大会の8個を上回る活躍を目指す。大会は25日まで7競技102種目が実施される。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン