2019年6月17日(月)
スポーツ > 競馬 > ニュース > 記事

競馬

マスターフェンサーは5着 米国競馬のベルモントS

2019/6/9 11:33
保存
共有
印刷
その他

米国競馬のクラシック3冠レース最終戦、ベルモントステークス(2400メートルダート10頭、G1)は8日、ニューヨーク州のベルモントパーク競馬場で行われ、ジュリアン・ルパルー騎乗の日本馬マスターフェンサー(3歳牡馬、角田晃一厩舎)は5着に入った。

3冠初戦のケンタッキー・ダービー6着のマスターフェンサーはインの最後方を追走。最後の直線で追い上げ、優勝したサーウィンストンに約3馬身差まで迫った。

日本中央競馬会(JRA)が発売した馬券の主な払戻金は、単勝が(7)で1810円、馬連は(7)-(10)で2590円、馬単は(7)-(10)で7220円、3連複は(1)-(7)-(10)で3万3430円、3連単は(7)-(10)-(1)で22万2400円。売り上げは4億7197万8900円だった。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

競馬のコラム

電子版トップスポーツトップ

競馬 一覧

 第24回ユニコーンステークス(16日・東京11R1600メートルダート15頭、G3)3番人気のワイドファラオ(福永祐一騎乗)が1分35秒5で優勝し、重賞2勝目を挙げた。
 好スタートから逃げたワイドフ …続き (16日 17:23)

 第26回函館スプリントステークス(16日・函館11R1200メートル芝13頭、G3)5番人気のカイザーメランジェ(江田照男騎乗)が1分8秒4で優勝、重賞初制覇を飾った。
 好スタートから先手を奪ったカ …続き (16日 16:54)

禁止薬物を含む飼料添加物を摂取した可能性のある馬がいることによる「競走除外」を知らせる張り紙(15日、東京都府中市の東京競馬場)=共同

 中央競馬の競走馬に与えられる飼料添加物「グリーンカル」から禁止薬物のテオブロミンが検出され、開催中の東京、阪神、函館3場で2日間に計156頭が一括で競走除外とされた問題は、現在の競馬の薬物検査システ …続き (15日 20:14)

ハイライト・スポーツ

[PR]