/

女子マラソン、伊藤が7位で五輪代表入り 世界陸上

陸上の世界選手権女子マラソンで7位入賞を果たし、来年のリオデジャネイロ五輪代表に決まった伊藤舞(30日、北京)=共同

【北京=共同】陸上の世界選手権最終日は30日、北京で行われ、女子マラソンは31歳の伊藤舞(大塚製薬)が2時間29分48秒で日本勢最高の7位入賞を果たし、来年のリオデジャネイロ五輪代表に決まった。男子50キロ競歩3位の谷井孝行(自衛隊)に続く五輪代表入りで、女子第1号となった。

23歳の前田彩里(ダイハツ)は2時間31分46秒で13位、2012年ロンドン五輪代表の重友梨佐(天満屋)は2時間32分37秒で14位だった。

マレ・ディババが2時間27分35秒でこの種目のエチオピア勢で初優勝した。マラソンで男女初の3連覇を目指したエドナ・キプラガト(ケニア)は5位だった。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン