/

スノボW杯、16歳の村瀬心椛2位 ビッグエア

スノーボードのワールドカップ(W杯)は9日、オーストリアのクライシュベルクでフリースタイル種目の今季初戦となるビッグエアが行われ、女子は16歳の村瀬心椛(ムラサキスポーツ)が合計161.80点で2位に入った。昨季の2位以来、2度目の表彰台。

岩渕麗楽(バートン)は4位、鬼塚雅(星野リゾート)は5位だった。2018年平昌冬季五輪銅メダルのゾイ・サドフスキシノット(ニュージーランド)が162.40点で2勝目を挙げた。

男子は2季ぶりに復帰した大塚健(バートン)が4位で、国武大晃(STANCER)が6位。マックス・パロット(カナダ)が制し、8勝目。

予選で飛田流輝(日体大)は17位、浜田海人(ムラサキスポーツ北海道)は19位、川上蒼斗は40位、木俣椋真(ともにヤマゼンロックザキッズ)は48位、山田悠翔(STANCER)は50位で、いずれも決勝に進めなかった。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン