/

田中将はエンゼルスが最適? 大リーグ公式サイト

【ニューヨーク=共同】米大リーグ公式サイトは26日、フリーエージェント(FA)になっている有力選手に最適な所属球団を特集し、ヤンキースからFAの田中将大投手には大谷翔平が所属するエンゼルスを挙げた。

エンゼルスが打線の中心選手であるトラウト、レンドンと長期契約を結んでいることから「複数の先発投手を求めている」と指摘。田中は投手で最も評価が高い今季のサイ・ヤング賞右腕バウアー(レッズからFA)に比べて年俸を抑えられ、長期契約が不要な点に触れた。ポストシーズンで好成績を残してきたことも、獲得に「正当性を与える」としている。

バウアーはメッツが最適とした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン