/

決勝はティエムとメドベージェフ テニスATPファイナル

【ロンドン=共同】男子テニスの年間成績上位8人による今季ツアー最終戦、日東電工ATPファイナルは21日、ロンドンで準決勝が行われ、シングルスで世界ランキング3位のドミニク・ティエム(オーストリア)と同4位のダニル・メドベージェフ(ロシア)が勝った。ともに初優勝を懸けて22日の決勝に臨む。

前回準優勝のティエムは、世界1位で6度目の優勝を狙ったノバク・ジョコビッチ(セルビア)に7-5、6-7、7-6で競り勝った。メドベージェフは同2位のラファエル・ナダル(スペイン)に3-6、7-6、6-3で逆転勝ちした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン