/

浜田がオール一本で優勝 柔道GS、原沢はV逃す

柔道のグランドスラム・アンタルヤ大会最終日は3日、トルコのアンタルヤで男女計5階級が行われ、東京五輪代表勢が出場した日本勢は、女子78キロ級で浜田尚里(自衛隊)が初戦からの全4試合を一本勝ちして優勝した。決勝はベアタ・パチュト(ポーランド)を合わせ技で下した。

女子78キロ級で優勝し、金メダルを手にする浜田尚里(3日、アンタルヤ)=国際柔道連盟提供・共同

男子で100キロ超級の原沢久喜(百五銀行)は3試合を制して迎えた決勝で、タメルラン・バシャエフ(ロシア)に一本負けを喫した。100キロ級のウルフ・アロン(了徳寺大職)は4試合連続一本勝ちで進んだ決勝で、ゼリム・コツォイエフ(アゼルバイジャン)に指導3による反則負け。ともに優勝を逃して2位だった。

今大会の日本勢の優勝は、東京五輪代表で男子66キロ級の阿部一二三(パーク24)と浜田の2人だった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン