フィギュア

フィギュア河辺は11位、川畑14位 世界ジュニア女子

2020/3/8 11:41
保存
共有
印刷
その他

【タリン=共同】フィギュアスケートの世界ジュニア選手権最終日は7日、エストニアのタリンで行われ、女子でショートプログラム(SP)8位の河辺愛菜(関大KFSC)はフリーで13位の105.15点にとどまり、合計169.62点で11位となった。

川畑和愛(N高東京)はフリー16位で合計159.47点の14位。ジュニア・グランプリ(GP)ファイナル女王で13歳のカミラ・ワリエワ(ロシア)が227.30点で優勝した。

アイスダンスはリズムダンス(RD)13位の吉田唄菜(岡山ク)西山真瑚(東京・目黒日大高)組がフリーで8位となり、合計149.61点で12位だった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

フィギュア 一覧

 国際スケート連盟(ISU)は8日、2020~21年シーズンから適用する予定だった4回転のルッツとループなどジャンプの基礎点の変更を取り消し、新シーズンも昨季と同様の基礎点で実施すると発表した。
 新規 …続き (9日 0:41)

 【ジュネーブ=共同】国際スケート連盟(ISU)は26日、フィギュアで新設した「ISUスケーティング・アワード」の最終候補者を発表し、男子の羽生結弦(ANA)が「最優秀選手賞」と「ベストコスチューム」 …続き (26日 23:28)

 日本スケート連盟は24日、フィギュア女子で四大陸選手権2連覇の紀平梨花の所属先が通信制の「N高東京」に決まったと発表した。17歳の紀平は2020~21年シーズンに向けて関大KFSCを離れ、新たな所属 …続き (24日 17:41)

ハイライト・スポーツ

[PR]