スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

鶴竜が初日から休場 九州場所、腰痛再発で

2019/11/10 10:41
保存
共有
印刷
その他

横綱鶴竜=共同

横綱鶴竜=共同

大相撲の東横綱鶴竜(34)=本名マンガラジャラブ・アナンダ、モンゴル出身、陸奥部屋=が九州場所初日の10日、日本相撲協会に「腰椎すべり症再発で14日間程度の安静療養が必要」との診断書を提出して休場した。最高位の力士が初日から休む異例の事態で、一年納めの場所は白鵬の一人横綱となった。鶴竜の休場は2場所連続14度目。

師匠の陸奥親方(元大関霧島)によると10日朝の稽古中に腰が痛くなったという。井筒親方(元関脇逆鉾)が9月に急逝したため、今場所は鶴竜にとって井筒部屋から陸奥部屋に移籍して臨む最初の場所だった。

初日の対戦相手、新小結朝乃山は不戦勝。2日目は平幕隠岐の海との対戦が組まれており、協会審判部は取組を再編する「割り返し」を行う。

今場所の十両以上の休場者は平幕逸ノ城に次いで2人目となった。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

大相撲のコラム

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

松鳳山(手前)と稽古する横綱白鵬(15日、沖縄県うるま市)=共同

 大相撲の冬巡業は15日、沖縄県うるま市で11日間の全日程を終了した。今年の巡業は皆勤となった横綱白鵬は「最後に暖かい場所(沖縄)での一年納め。気分がいい」と満足げな表情で話した。
 稽古では激しい動き …続き (15日 20:15)

 大相撲初場所(来年1月12日初日・両国国技館)で大関から関脇に転落する高安が2日、東京都江戸川区の田子ノ浦部屋で稽古を非公開で再開した。かど番だった11月の九州場所では8日目に腰痛を発症し、取組直前 …続き (2日 19:26)

 日本相撲協会は28日の理事会で、来年1月12日初日の初場所(両国国技館)前後の日程を承認し、同6日に横綱審議委員会による稽古総見を国技館内の相撲教習所で行い、新弟子検査も実施する。明治神宮奉納土俵入 …続き (28日 19:33)

ハイライト・スポーツ

[PR]