/

楢崎、日本勢初の優勝 世界スポーツクライミング

ボルダリング男子決勝 壁を登り切ってガッツポーズする楢崎智亜(17日、パリ)=共同

【パリ=共同】2020年東京五輪の追加種目に決まったスポーツクライミングの世界選手権第4日は17日、パリで行われ、ボルダリング男子決勝で20歳の楢崎智亜(栃木県連盟)が日本選手で初めて優勝した。楢崎は16年のワールドカップ(W杯)ランキングで1位の実力者で、4年後の東京五輪に向けて期待の膨らむ快挙となった。堀創(宮城県連盟)は6位。

パラクライミングの男子の視覚障害(B1)では小林幸一郎(東京都連盟)が優勝した。

最終日の18日はボルダリング女子にW杯ランキング2位の野中生萌(東京都連盟)と同4位の野口啓代(茨城県連盟)の優勝候補2人が登場する。リード男子の決勝にはアジア選手権連覇の是永敬一郎(埼玉県連盟)が出場。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン