/

エンゼルス大谷、投球練習へ まめの状態を確認

【ダンイーデン(米フロリダ州)=共同】米大リーグ、エンゼルスのマドン監督は10日、右手中指のまめの影響で登板のめどが立っていない大谷翔平が12日の敵地カンザスシティーでのロイヤルズ戦前に投球練習すると公表した。フロリダ州ダンイーデンでのブルージェイズ戦前に取材に応じた。

指をテーピングなどで保護せず投げられれば、試合に登板可能としている。投球練習で保護するかどうかは未定という。

大谷はオープン戦最後の登板でまめをつぶした。メジャー自身初の投打同時出場を果たした4日は五回の守備で走者と交錯後に降板した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン