/

レンジャーズが有原獲得 2年総額6億円超

有原航平投手=共同

【ロサンゼルス=共同】米大リーグ、レンジャーズは26日、プロ野球日本ハムからポスティングシステムによるメジャー移籍を目指していた有原航平投手(28)を2年契約で獲得したと発表した。球団公式サイトによると、総額620万ドル(約6億4千万円)で来季が260万ドル、2022年が360万ドルで5万ドルの出来高が付く。日本ハムへの譲渡金は124万ドル。

交渉期限は米東部時間26日午後5時(日本時間27日午前7時)だった。新型コロナウイルス禍で有原は身体検査で訪れるまで本拠地球場や周辺環境を視察せず、オンライン交渉だけで合意したという。球団を通じ、英語で「メジャーでプレーする機会を与えてくれたレンジャーズにとても感謝している。成長、成功できるよう努力し続ける」と談話を出した。クリス・ヤング・ゼネラルマネジャーはオンライン会見で「先発ローテーションを安定させ、貴重なイニングを投げてくれると期待している」と語った。

レンジャーズは今季22勝38敗でア・リーグ西地区最下位。過去ダルビッシュ有投手(カブス)や上原浩治らが所属した。

有原は広島・広陵高―早大から15年にドラフト1位で日本ハム入り。今季は8勝9敗、防御率3.46。通算成績は129試合で60勝50敗2セーブ、防御率3.74。

今オフは巨人の菅野智之投手、日本ハムの西川遥輝外野手もポスティング制度での大リーグ移籍を目指している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン