/

大谷翔平、2日連続で屋外打撃 投手としての調整も

(更新)

【テンピ(米アリゾナ州)=共同】米大リーグのキャンプは20日、各地で行われ、エンゼルスの大谷はアリゾナ州テンピで2日続けての屋外での打撃練習に臨み、50球ほどを打ち込んだ。投内連係など投手としての調整も行った。

打撃練習するエンゼルス・大谷(20日、テンピ)=共同

パドレスのダルビッシュは守備練習のほか、打席に入ってバントを練習した。レンジャーズの有原はキャッチボールや、ゴロ処理など守備練習で調整した。マリナーズの菊池は投球練習から一夜明けての調整に努めた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン