サッカー

バルセロナ、コウチーニョ獲得を発表 移籍金218億円

2018/1/7 16:40
保存
共有
印刷
その他

【ロンドン=共同】サッカーのスペイン1部リーグ、バルセロナは6日、イングランド・プレミアリーグのリバプールからブラジル代表のコウチーニョを獲得することで合意したと発表した。約5年半契約で、スペインのメディアなどによると移籍金は1億6千万ユーロ(約218億円)。

25歳のコウチーニョは2013年1月にリバプール入りし、高い技術や強烈なミドルシュートを武器にMFやFWとして活躍。ブラジル代表でも主力として、ワールドカップ(W杯)ロシア大会南米予選の突破に貢献した。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

 Jリーグは8日、新型コロナウイルスの影響により、25日から5月27日までの全公式戦の開催延期を正式に発表した。対象はJ1、J2、J3とYBCルヴァン・カップの計123試合で、5月30日以降の開催は未 …続き (8日 19:02)

 オランダの全国紙テレグラフなど複数メディアは7日、新型コロナウイルスの感染拡大で中断しているサッカーの同国リーグが6月19日から無観客で再開することが検討されていると報じた。実現すれば7月最終週まで …続き (8日 18:31)

 J1名古屋は8日、新型コロナウイルスの感染予防と拡大防止のため、19日まで活動を休止すると発表した。政府の緊急事態宣言を受け、この日の会議で決定した。全体練習の他、クラブ施設を使用した自主練習も休止 …続き (8日 18:31)

ハイライト・スポーツ

[PR]