/

レンジャーズ有原、右肩手術へ 今季中の復帰は微妙

【ニューヨーク=共同】米大リーグ、レンジャーズは22日、有原航平投手(28)が右肩の動脈瘤を治療するため、27日にテキサス州ダラスの病院で手術を受けると発表した。復帰まで最低でも12週間を要する見通し。クリス・ヤング・ゼネラルマネジャー(GM)はオンライン会見で今季中の復帰について「投げられるのか、投げられないのかは様子を見る。術後の状態にもよる」と微妙との見解を示した。

有原は9日に右手中指の打撲で負傷者リスト入り。17日の投球練習後も右手に違和感が残り、再検査で動脈瘤が判明したという。同GMは「治療していなければ深刻な状態になっていた。本人、チームにとって残念な結果だが、最善を願っている」と述べた。

有原は昨オフにプロ野球日本ハムからポスティングシステムを利用し、レンジャーズと2年契約を結んだ。メジャー1年目の今季は7試合に先発して2勝3敗、防御率6.59。中指の影響もあり、最近3試合では計8回1/3で16失点と不調だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン