/

レアル、南米王者下し初優勝 クラブW杯サッカー

南米王者のサンロレンソを下してクラブW杯初優勝を飾り、表彰式で喜ぶレアル・マドリードの選手たち(20日、マラケシュ)=共同

【マラケシュ(モロッコ)=共同】サッカーの各大陸王者などで争うトヨタ・クラブワールドカップ(W杯)は20日、モロッコのマラケシュで行われ、決勝で欧州のレアル・マドリード(スペイン)が南米のサンロレンソ(アルゼンチン)を2-0で下し、初優勝した。欧州と南米が対戦した前身のインターコンチネンタルカップ、トヨタカップを含め4度目のクラブ世界一に輝いた。

Rマドリードは開始から終始試合を支配した。前半37分にCKからセルヒオラモスが頭で決めて先制すると、後半6分にもベールが加点。守備も崩れず快勝した。

3位決定戦はオークランド(ニュージーランド)が1-1からのPK戦を4-2で制し、クルスアスル(メキシコ)を退けた。オークランドのDF岩田卓也は左サイドバックでフル出場した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン