レアル、南米王者下し初優勝 クラブW杯サッカー

2014/12/21付
保存
共有
印刷
その他

【マラケシュ(モロッコ)=共同】サッカーの各大陸王者などで争うトヨタ・クラブワールドカップ(W杯)は20日、モロッコのマラケシュで行われ、決勝で欧州のレアル・マドリード(スペイン)が南米のサンロレンソ(アルゼンチン)を2-0で下し、初優勝した。欧州と南米が対戦した前身のインターコンチネンタルカップ、トヨタカップを含め4度目のクラブ世界一に輝いた。

Rマドリードは開始から終始試合を支配した。前半37分にCKからセルヒオラモスが頭で決めて先制すると、後半6分にもベールが加点。守備も崩れず快勝した。

3位決定戦はオークランド(ニュージーランド)が1-1からのPK戦を4-2で制し、クルスアスル(メキシコ)を退けた。オークランドのDF岩田卓也は左サイドバックでフル出場した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]