/

ハーフパイプ戸塚優斗が初優勝 スノボ世界選手権

スノーボードのパーク系種目の世界選手権は13日、米コロラド州アスペンでハーフパイプ決勝が行われ、男子は19歳の戸塚優斗(ヨネックス)が96.25点で初優勝した。日本勢では2009年大会の青野令以来、2人目の快挙。

ハーフパイプ男子で優勝した戸塚優斗(13日、アスペン)=ゲッティ共同

前回大会銀メダルの戸塚は4連覇を狙ったスコット・ジェームズ(オーストラリア)に5.75点の大差をつけて圧勝。片山来夢(バートン)は36.25点で9位だった。

女子は初出場の冨田せな(アルビレックス新潟)が86.50点で4位に入った。17年大会銀メダルの松本遥奈(クルーズ)は77.25点で5位。初出場の小野光希(バートン)は74.50点で6位、今井胡桃(プリオHD)は64.25点で8位だった。18年平昌冬季五輪覇者のクロエ・キム(米国)が93.75点で2連覇した。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン