その他スポーツ

重量挙げ、ロ・中など1年間資格停止 ドーピング対策で

2017/10/1 8:54
保存
共有
印刷
その他

【ジュネーブ=共同】国際重量挙げ連盟(IWF)は9月30日、相次ぐドーピングへの対処策としてロシアや中国など9カ国に1年間の資格停止処分を科すと発表した。2008年北京、12年ロンドン両五輪の再検査で3件以上の違反を出した国が対象で、アルメニア、アゼルバイジャン、ベラルーシ、モルドバ、カザフスタン、トルコ、ウクライナも含まれた。11~12月の世界選手権(米国)などに出場できない。

重量挙げは20年東京五輪の出場選手数を大幅に削減され、国際オリンピック委員会(IOC)から年内に改善策を示すよう求められている。IOCのバッハ会長は24年パリ五輪の実施競技から外す可能性にも言及しており、危機感を強めるIWFがこの日ブカレストで開いた理事会で厳しい処分を決めた。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

 【ニューヨーク=共同】トランプ米大統領は4日、米四大スポーツなど主要プロ団体のコミッショナーらと電話会議を行い、8、9月には球場やアリーナに観客を入れて試合を実施したいとの希望を伝えた。スポーツ専門 …続き (12:03)

コービー・ブライアントさん=ゲッティ共同

 【ニューヨーク=共同】米国のバスケットボール殿堂は4日、NBAのレーカーズで20シーズンにわたって活躍し、1月にヘリコプターの墜落事故で亡くなったコービー・ブライアントさんら9人を今年の殿堂入りメン …続き (10:52)

 日本水連は4日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、6月4~7日に横浜国際プールで開催する予定だった競泳のジャパン・オープンを中止すると発表した。〔共同〕 …続き (1:22)

ハイライト・スポーツ

[PR]