オリパラセレクト

フォローする

日本女子、団体で五輪出場枠を獲得 世界体操予選11位

Tokyo2020
2019/10/6 8:27
保存
共有
印刷
その他

【シュツットガルト(ドイツ)=共同】体操の世界選手権第2日は5日、ドイツのシュツットガルトで女子予選が行われ、寺本明日香(ミキハウス)畠田瞳(セントラルスポーツ)杉原愛子(武庫川女大)梶田凪(中京大)松村朱里(ジム・ネット教室)の日本は団体総合で4種目合計161.228点の11位となった。昨年3位までの米国、ロシア、中国を除いた上位9チームに入り、東京五輪の団体総合出場枠を獲得した。

東京五輪の体操女子団体総合出場枠を獲得し、ポーズをとる(前列左から)杉原愛子、寺本明日香、畠田瞳、(後列左から)松村朱里、梶田凪(5日、シュツットガルト)=共同

東京五輪の体操女子団体総合出場枠を獲得し、ポーズをとる(前列左から)杉原愛子、寺本明日香、畠田瞳、(後列左から)松村朱里、梶田凪(5日、シュツットガルト)=共同

日本は団体総合で五輪4大会連続出場を果たしたが、上位8チームによる8日の決勝進出はならなかった。5連覇を目指す米国が174.205点の首位で通過し、中国が2位、ロシアが3位。

個人総合は2016年リオデジャネイロ五輪金メダルのシモーン・バイルス(米国)が床運動で史上最高J難度の新技「後方抱え込み2回宙返り3回ひねり」を決め、合計59.432点で首位。寺本が54.131点で16位、畠田瞳が53.232点で23位となり、上位24人(各国・地域最大2人)による決勝に進出した。日本勢は種目別で上位8人による決勝には残れなかった。

オリパラセレクトをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

オリパラセレクト 一覧

フォローする

 【ジュネーブ=共同】国際陸連が設置した独立監視部門「インテグリティー・ユニット」は21日、2017年世界選手権の男子走り高跳びで銀メダルだったロシアのダニル・ルイセンコのドーピング検査を巡り、同国陸 …続き (11/22)

日本―スロベニアの前半、シュートを決める大山(21日、国立代々木競技場)=共同共同

 東京五輪のテスト大会を兼ねたハンドボールの女子ジャパンカップ第1日は21日、国立代々木競技場で行われ、日本はスロベニアと28―28で引き分けた。前半は大山(北国銀行)や藤田(ドルトムント)の得点など …続き (11/21)

 【マドリード=共同】国際オリンピック委員会(IOC)は20日、東京五輪のボクシングで判定の透明性を高めるため、5人のジャッジの採点をラウンドごとに公開すると発表した。来年2~5月の五輪予選から導入す …続き (11/21)

ハイライト・スポーツ

[PR]