/

藤井がW杯開幕戦で優勝 スポーツクライミング

スポーツクライミングのW杯開幕戦で優勝した藤井快(左)と3位の渡部桂太(8日、マイリンゲン)=共同

【マイリンゲン(スイス)=共同】2020年東京五輪で実施されるスポーツクライミングのワールドカップ(W杯)は8日、スイスのマイリンゲンで今季開幕戦となるボルダリング第1戦の準決勝と決勝が行われ、男子は昨季W杯総合2位で24歳の藤井快(東京都連盟)が優勝した。渡部桂太(三重県連盟)が3位に入り、杉本怜(東京都連盟)は4位。1~4位は完登数1で並んだが、藤井は完登に要した試技数が最も少なかった。

女子で昨年の世界選手権銀メダリストの野中生萌(東京都連盟)は完登数1で3位だった。昨季W杯総合を制したショーナ・コクシー(英国)が4課題(コース)全てをクリアして優勝した。

ボルダリングは複数の課題に臨み、完登した数を競う。東京五輪は登る速さを競うスピードと、登った高さを競うリードを合わせた3種目の総合で争われる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン