/

男子400リレー、日本はアジア新で「銅」 世界陸上

男子400メートルリレーで銅メダルを獲得した(左から)多田、白石、桐生、サニブラウンの日本チーム=山本博文撮影

【ドーハ=共同】陸上の世界選手権第9日は5日、ドーハで行われ、男子400メートルリレー決勝で多田修平(住友電工)白石黄良々(セレスポ)桐生祥秀(日本生命)サニブラウン・ハキーム(米フロリダ大)の日本は37秒43のアジア新記録で2大会連続の銅メダルを獲得した。東京五輪出場権も確保。米国が世界歴代2位の37秒10で制し、英国が37秒36で2位だった。

男子400メートルリレー決勝で力走するアンカーのサニブラウン(右)=山本博文撮影

男子マラソンはレリサ・デシサ(エチオピア)が2時間10分40秒で勝ち、山岸宏貴(GMO)が2時間16分43秒で25位。川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)は29位、二岡康平(中電工)は37位だった。

女子5000メートル決勝で田中希実(豊田自動織機TC)は日本歴代2位の15分0秒01をマークして14位となった。男子1600メートルリレー予選でウォルシュ・ジュリアン(富士通)飯塚翔太(ミズノ)佐藤拳太郎(富士通)若林康太(駿河台大)の日本は3分2秒05で1組5着となり敗退した。

女子5000メートル決勝で14位となった田中(中)=山本博文撮影

男子やり投げの新井涼平(スズキ浜松AC)は81メートル71で上位12人に入れず予選敗退。女子100メートル障害の木村文子(エディオン)は13秒19、寺田明日香(パソナグループ)は13秒20で準決勝に進めなかった。

女子100メートル障害で予選敗退した寺田(左)=山本博文撮影

女子1500メートルはシファン・ハッサン(オランダ)が3分51秒95の大会新記録で制し、1万メートルとの2冠を達成。男子砲丸投げはジョー・コバックス(米国)が22メートル91で2大会ぶりに優勝した。

日本勢は6日(日本時間7日未明)の最終日に出場予定がなく、今大会の獲得メダルは男子競歩の金2と合わせ3個で確定した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン