/

トレンドの2022年12月期、純利益21%減 予想平均下回る

トレンドマイクロが17日発表した2021年12月期の連結決算で、純利益は前期比42.6%増の383億6700万円となった。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサス(351億3900万円)を上回った。2022年12月期の純利益は前期比21%減の303億円を見込む。QUICKコンセンサスの332億9000万円を下回る。

トレンドは個人・法人向けにパソコンを保護する「ウイルスバスター」などのセキュリティ対策製品のほか、法人向けの標的型サイバー攻撃対策や個人向けのパスワード管理など様々なセキュリティサービスを提供する。経常利益は為替差損が減少したことにより、増加と増益となり、親会社株主に帰属する純利益は関係会社株式売却益等により、増加と増益となった。費用については、のれん償却費が大きく減少したことに加えて、前年度に発生したソフトウェア資産の一括修正の反動など大きなコスト減少要因もあったが、円安影響も大きく受けた人件費の大幅増やSaaSビジネスの増加に伴うクラウド利用コスト、携帯電話ショップでの個人向けビジネスの好調に伴った外注費が増加したことにより、売上原価並びに販売費及び一般管理費の合計費用は1467億1800万円と増加となり、営業利益は増益となった。

2021年12月期の売上高は前期比9.4%増の1903億5900万円、営業利益は同10.6%増の436億4100万円、経常利益は同11.7%増の445億100万円だった。

2022年12月期の売上高は前期比9.7%増の2089億円(QUICKコンセンサスは1999億9000万円)、営業利益は同3.8%減の420億円(同467億5600万円)、経常利益は同5.4%減の421億円(同481億7900万円)となる見通し。

決算サマリー自動生成について
企業がネット上に開示した決算発表資料から業績データやポイントを人工知能(AI)技術を使って自動で文章を作成しました。詳しくはこちらをご覧ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン