/

ブリヂストンの2022年12月期、純利益28.9%減 予想平均下回る

ブリヂストンが15日発表した2021年12月期の連結決算(国際会計基準)で、最終損益は3940億3700万円の黒字となった。前期は233億100万円の赤字だった。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサス(3200億7500万円)を上回った。2022年12月期の純利益は前期比28.9%減の2800億円を見込む。QUICKコンセンサスの2996億7500万円を下回る。

ブリヂストンは仏ミシュランと並ぶ世界2大タイヤメーカーの一つ。日本においては、乗用車及び小型トラック用タイヤの販売本数は前年を上回り順調に推移し、トラック・バス用タイヤの販売本数は前年を大幅に上回った。米州においては、北米タイヤ事業で、乗用車及び小型トラック用タイヤの販売本数は前年を上回り好調に推移し、トラック・バス用タイヤの販売本数は前年を大幅に上回った。

2021年12月期の売上高にあたる売上収益は前期比20.4%増の3兆2460億5700万円、営業利益は同6倍の3767億9900万円だった。

決算サマリー自動生成について
企業がネット上に開示した決算発表資料から業績データやポイントを人工知能(AI)技術を使って自動で文章を作成しました。詳しくはこちらをご覧ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン