/

スノーピークの2022年12月期、純利益21%増 予想平均上回る

スノーピークが14日発表した2021年12月期の連結決算で、純利益は前期比2.6倍の27億2700万円となった。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサス(23億5000万円)を上回った。2022年12月期の純利益は前期比21%増の33億円を見込む。QUICKコンセンサスの26億7000万円を上回る。

スノーピークはキャンプ用品を中心としたアウトドア製品とアパレル製品などの開発・製造・販売を行う。国内での事業においては、緊急事態宣言等の期間中は都市部を中心に来店客数の減少が見られたが、一年を通じてキャンプ需要の高さが継続したことにより全てのチャネルにて売上は前年を上回る実績となった。海外での事業については、特定の地域で新型コロナウイルス感染症の再拡大が見られたものの、各種対策の効果もあり各国にて前年を上回る売上実績となった。

2021年12月期の売上高は前期比53.4%増の257億1300万円、営業利益は同2.6倍の38億1900万円、経常利益は同2.6倍の40億3500万円だった。

2022年12月期の売上高は前期比27.2%増の327億円(QUICKコンセンサスは295億5000万円)、営業利益は同37%増の52億3200万円(同41億5000万円)、経常利益は同29.4%増の52億2100万円(同42億2500万円)となる見通し。

決算サマリー自動生成について
企業がネット上に開示した決算発表資料から業績データやポイントを人工知能(AI)技術を使って自動で文章を作成しました。詳しくはこちらをご覧ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン