/

アシックス、通期の純利益予想を上方修正 40億円から90億円に

アシックスは1日、2021年12月期の最終損益が90億円の黒字(前期は161億2600万円の赤字)になる見通しだと発表した。従来予想の40億円の黒字から上方修正した。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサスの60億4000万円を49%上回った。営業損益は215億円の黒字(前期は39億5300万円の赤字、従来予想は200億円の黒字)、経常損益は220億円の黒字(前期は69億2300万円の赤字、従来予想は190億円の黒字)、売上高は前期比21.7%増の4000億円(従来予想は前期比20.1%増の3950億円)と、それぞれ予想を引き上げた。QUICKコンセンサスは営業利益が213億7500万円、経常利益は199億5400万円、売上高は4017億8200万円だった。

アシックスは各種スポーツシューズを中心に、スポーツウエアやスポーツ用具を製造販売する。業績修正の理由について、同社の説明は以下の通り。

カテゴリーではパフォーマンスランニングならびにコアパフォーマンススポーツが、地域では欧州、中華圏が前回予想を上回る業績で推移した。2022年以降も昨年発表した中期計画を上回る業績が見込まれ、将来年度の課税所得見積額に基づく繰延税金資産の回収可能額が増加予定であることから繰延税金資産を追加計上したため、売上高、営業利益、経常利益、親会社株主に帰属する純利益の連結業績予想を修正した。開示すべき重要な事項が発生した場合には、改めて業績への影響を公表する。

決算サマリー自動生成について
企業がネット上に開示した決算発表資料から業績データやポイントを人工知能(AI)技術を使って自動で文章を作成しました。詳しくはこちらをご覧ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン