/

ワイエイシイ、通期の純利益予想を上方修正 8億円から11億円に

ワイエイシイホールディングスは19日、2022年3月期の純利益が前期比3.3倍の11億円になる見通しだと発表した。従来予想の8億円(前期比2.4倍)から上方修正した。営業利益は前期比2.5倍の18億円(従来予想は前期比2.2倍の16億円)、経常利益は同2.3倍の17億円(従来予想は同2倍の15億円)と、それぞれ予想を引き上げた。一方、売上高は同7.5%増の260億円(従来予想は同24%増の300億円)に引き下げた。

ワイエイシイは産業用のオートメーション製造装置の開発・設計・製造・販売・保守サービスを行う。業績修正の理由について、同社の説明は以下の通り。

売上高については、受注は好調ではあるものの、世界的なサプライチェーンの停滞により一部部材の納期遅延等により、前回発表予想を下回る見込みである。営業利益、経常利益については、当期初より取り組んでいる業務効率化の施策が功を奏し前回発表予想を上回る見込みである。親会社株主に帰属する純利益は、予想を大きく上回る見込みである。予想と実際の業績の間には、今後の様々な要因によって大きく差異が発生する可能性がある。

決算サマリー自動生成について
企業がネット上に開示した決算発表資料から業績データやポイントを人工知能(AI)技術を使って自動で文章を作成しました。詳しくはこちらをご覧ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン