/

フィルCの2022年11月期、純利益77.9%減

フィル・カンパニーが14日発表した2021年11月期の連結決算で、純利益は前期比21.4倍の4億700万円となった。2022年11月期の純利益は前期比77.9%減の9000万円を見込む。

フィルCは時間貸し駐車場上部の利用していない空間の開発を行う「空中店舗フィル・パーク事業」を展開。ことによりプレミアムガレージハウスが金融機関経由で土地オーナーに対して提案できる水準の土地活用商品となり、コロナ禍におけるガレージ付賃貸住宅に対する需要の拡大も追い風となって、金融機関経由でのプレミアムガレージハウスに関する問い合わせが増加し、受注高も増加傾向となっている。前連結会計年度において、コロナ禍後を見据え金融機関とのビジネスマッチング契約を強化した結果、金融機関からの問い合わせ件数は440件と過去最高値を更新した。

2021年11月期の売上高は前期比36.8%増の54億3200万円、営業利益は同5.6倍の7億2400万円、経常利益は同7.3倍の7億1300万円だった。

2022年11月期の売上高は前期比1.3%増の55億円、営業利益は同80.7%減の1億4000万円、経常利益は同81.8%減の1億3000万円となる見通し。

決算サマリー自動生成について
企業がネット上に開示した決算発表資料から業績データやポイントを人工知能(AI)技術を使って自動で文章を作成しました。詳しくはこちらをご覧ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン