/

ザッパラス、通期の営業利益予想を上方修正 1億6000万円から3億4000万円に

ザッパラスは23日、2021年4月期の営業利益が前期比7.7倍の3億4000万円になる見通しだと発表した。従来予想の1億6000万円(前期比3.6倍)から上方修正した。売上高は前期比26.2%増の47億8000万円(従来予想は前期比13.4%増の43億円)に引き上げた。

ザッパラスは「占い」を中心としたコンテンツを企画制作・運営し、インターネット経由でモバイル端末やPCなどに提供する。業績修正の理由について、同社の説明は以下の通り。

メディア露出で注目度が高まった監修者(占い師)の占いコンテンツを中心に、積極的な広告宣伝費を投下し顧客獲得に注力したこと、占いフェスの開催などを通じ占いサービスの認知・注目度向上を図ってきたこと、などから占いサービスの売上が下半期も堅調な推移を見せている。2021年4月期の連結業績予想を上方修正することとした。

決算サマリー自動生成について
企業がネット上に開示した決算発表資料から業績データやポイントを人工知能(AI)技術を使って自動で文章を作成しました。詳しくはこちらをご覧ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン