/

ロコンドの2022年2月期、純利益54.6%減

ロコンドが14日発表した2021年2月期の連結決算で、最終損益は12億5000万円の黒字となった。前期は2億5600万円の赤字だった。2022年2月期の純利益は前期比54.6%減の5億6700万円を見込む。

ロコンドは「自宅で試着、気軽に返品」できる靴とファッションの通販サイト「LOCONDO.jp」を軸とする「EC事業」と、ブランドの公式通販サイトの構築や物流などを請負う「プラットフォーム事業」を展開。前連結会計年度まで認知度向上を目的として積極的に投下していたテレビCMの抑制に加え、前連結会計年度中に取り組んでいたウェブ広告の効率化、入荷自動レーン導入等による物流倉庫運用の効率化、送料手数料収入等の見直し等により、販売費及び一般管理費は62億6940万円となった。いわゆる巣ごもり消費によりECシフトが進んだ反面、靴については外出自粛等によりその需要自体が大きく減少したが、自社モールの強化、店舗からECへのシフト需要を取り込んだ自社公式EC支援の伸張、及びYouTuberヒカルのReZARD等のD2Cブランド商品の取扱の増加により、商品取扱高は増加、売上高は増加と、いずれも業績予想を達成するとともに、過去最高となった。

2021年2月期の売上高は前期比19.8%増の102億7500万円、営業損益は14億3800万円の黒字(前期は8300万円の赤字)、経常損益は14億4800万円の黒字(前期は7700万円の赤字)だった。

2022年2月期の売上高は前期比16.8%増の120億円、営業利益は同40.9%減の8億5000万円、経常利益は同41.3%減の8億5000万円となる見通し。

決算サマリー自動生成について
企業がネット上に開示した決算発表資料から業績データやポイントを人工知能(AI)技術を使って自動で文章を作成しました。詳しくはこちらをご覧ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン