/

東宝の2022年2月期、純利益39.6%増 予想平均下回る

東宝が13日発表した2021年2月期の連結決算で、純利益は前期比59.9%減の146億8800万円となった。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサス(158億5000万円)を下回った。2022年2月期の純利益は前期比39.6%増の205億円を見込む。QUICKコンセンサスの291億5000万円を下回る。

東宝は映画の製作・配給のトップ。映画事業においては、出版・商品事業は劇場用パンフレット、キャラクターグッズにおいて「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」「映画ドラえもんのび太の新恐竜」をはじめとする配給作品の販売が伸長したが、邦洋画の話題作が公開延期となったことが影響し、前年度比では減収となった。(株)東宝映像美術及び東宝舞台(株)では、映画やTV・CM等での舞台製作・美術製作で稼働を再開したものの、ライブイベントやテーマパークにおける展示物の製作業務や大規模改修工事等に関して、開催の中止や延期、見直しが相次いだため、減収となった。

2021年2月期の売上高は前期比27%減の1919億4800万円、営業利益は同57.5%減の224億4700万円、経常利益は同56.1%減の241億9500万円だった。

2022年2月期の売上高は前期比11.5%増の2140億円(QUICKコンセンサスは2310億円)、営業利益は同42.6%増の320億円(同425億円)、経常利益は同38.5%増の335億円(同440億円)となる見通し。

決算サマリー自動生成について
企業がネット上に開示した決算発表資料から業績データやポイントを人工知能(AI)技術を使って自動で文章を作成しました。詳しくはこちらをご覧ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン