/

ガイアックスの20年1~6月期、最終損益4億4000万円の黒字

ガイアックスが12日に発表した2020年1~6月期の連結決算は、最終損益が4億4000万円の黒字(前年同期は1億8900万円の赤字)に転換した。売上高は前年同期比67.7%増の15億円、経常損益は4億3900万円の黒字(前年同期は1億9100万円の赤字)、営業損益は4億3900万円の黒字(前年同期は1億9400万円の赤字)だった。

ソーシャルメディアサービス事業においては、スマートフォン、PC、モバイル端末向けに、ゲーム、占い、レシピ、スタンプなど様々なデジタルコンテンツを制作・提供新型コロナウィルスの影響により、政府より「新型インフルエンザ等対策措置法に基づく緊急事態宣言」が発令され営業活動が制限される中、TwitterやFacebookなどのソーシャルメディアを活用したプロモーションの代行業務及びコンサルティング売上を安定的に計上した。営業費用は、テレワーク用機器の購入及びインターネット環境強化のため、サーバー利用料などの通信費関連費が増加、外部リソースを積極的に取り入れたことにより外注費が増加した。

決算サマリー自動生成について
企業がネット上に開示した決算発表資料から業績データやポイントを人工知能(AI)技術を使って自動で文章を作成しました。詳しくはこちらをご覧ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン