/

タマホームの20年5月期、純利益29.9%増51億円

タマホームが13日に発表した2020年5月期の連結決算は、純利益が前期比29.9%増の51億円となった。売上高は前期比12%増の2092億円、経常利益は前期比40.2%増の97億円、営業利益は前期比34%増の98億円だった。

住宅事業においては、リフォーム事業で、入居後10年を経過した顧客を中心に保証延長工事等のリフォーム受注活動を積極的に展開するとともに、業務品質向上のための社員研修等、組織力の強化に努めた結果、増収増益となった。前期より実施してきた価格改定による利益率の改善効果等もあり、損益水準は大きく改善した。

2021年5月期は純利益が前期比21.7%減の40億円、売上高が前期比6.8%減の1950億円、経常利益が前期比26.2%減の72億円、営業利益が前期比24%減の75億円の見通し。

決算サマリー自動生成について
企業がネット上に開示した決算発表資料から業績データやポイントを人工知能(AI)技術を使って自動で文章を作成しました。詳しくはこちらをご覧ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン