/

マネーフォワードの19年11月期、最終損益25億円の赤字

マネーフォワードが14日に発表した2019年11月期の連結決算は、最終損益が25億円の赤字(前期は8億1500万円の赤字)となった。売上高は前期比55.8%増の71億円、経常損益は25億円の赤字(前期は8億2400万円の赤字)、営業損益は24億円の赤字(前期は7億9600万円の赤字)だった。

Money Forward Homeドメインでは、自動でオンラインバンキングなどから金融機関データの取得・仕訳を行うPFMサービス『マネーフォワードME』においてテレビコマーシャルを実施し、新規ユーザー及び休眠ユーザーへのサービス訴求、ブランド認知度向上に注力し、利用者数が順調に推移した。Money Forward Xドメインにおいては、『マネーフォワードfor○○』や『デジタル通帳』など、金融機関の顧客に向けた便利なサービスの開発に努めており、新たなサービス提供先が増加している。

決算サマリー自動生成について
企業がネット上に開示した決算発表資料から業績データやポイントを人工知能(AI)技術を使って自動で文章を作成しました。詳しくはこちらをご覧ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン