8/14 21:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 米中リスクじわり再燃 「新・中国関連株」に売り圧力[有料会員限定]
  2. 2位: 任天堂「スイッチ」、中古でもなお新品の1割高[有料会員限定]
  3. 3位: 4大監査法人、IPO業務回避が顕著に 「監査難民」解消見えず[有料会員限定]
  4. 4位: 日経平均続伸、終値2万3289円 目先の先高観で
  5. 5位: ワークマン、「売上高半分」でも黒字出せる超効率経営[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,289.36 +39.75
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
23,280 +70

[PR]

決算サマリー(Beta)

※企業開示をもとに自動で作成。詳しく見る

サンリオの20年3月期、純利益95.1%減1億9100万円

2020/6/12 15:04
保存
共有
印刷
その他

サンリオが12日に発表した2020年3月期の連結決算は、純利益が前期比95.1%減の1億9100万円となった。売上高は前期比6.5%減の552億円、経常利益は前期比43.9%減の32億円、営業利益は前期比56%減の21億円だった。

日本において、物販事業のリテール部門では、年始の福袋や当りくじと、2020年に45周年を迎えた『マイメロディ』のバースデープロモーションが、サンリオショップや百貨店の特設会場等にて好調に推移し、売上に貢献した。卸部門では、インバウンド需要の減少により店頭売上は苦戦したが、ドン・キホーテ、イオン、Amazonへの売上が前期を大きく上回ったことで、前期比104.0%と、物販事業全体の売上に貢献した。

決算サマリー自動生成について
企業がネット上に開示した決算発表資料から業績データやポイントを人工知能(AI)技術を使って自動で文章を作成しました。詳しくはこちらをご覧ください
保存
共有
印刷
その他

サンリオの適時開示情報

発表日 関連する適時開示情報
6月12日
15:00
2020年3月期決算短信[日本基準](連結)

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム