7/13 2:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 「出遅れ日本」の目覚め 投資の好機とみる海外勢[有料会員限定]
  2. 2位: 企業価値、コロナで一変 リーマン以来の順位激動[有料会員限定]
  3. 3位: 「コロナTOB」にくすぶる不満 ファミマが異例の高値[有料会員限定]
  4. 4位: 自社株を役員報酬、導入5割増 株主視点の経営促す[有料会員限定]
  5. 5位: 最高値でも個人が金投資 安全資産として長期保有[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,290.81 -238.48
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
22,290 -190

[PR]

決算サマリー(Beta)

※企業開示をもとに自動で作成。詳しく見る

ティーライフの19年8月~20年4月期、純利益2.1倍3億1800万円

2020/6/3 15:01
保存
共有
印刷
その他

ティーライフが3日に発表した2019年8月~20年4月期の連結決算は、純利益が前年同期比2.1倍の3億1800万円となった。売上高は前年同期比9.4%増の74億円、経常利益は前年同期比67.1%増の3億6600万円、営業利益は前年同期比72.1%増の3億3900万円だった。

卸売事業では、実店舗小売店向けの衣類及び雑貨の販売においては、消費税増税や暖冬での落ち込みに加え、営業自粛の影響や、展示会等による販路開拓が進まなかったことも重なり、非常に厳しい状況が続いたものの、テレビショッピング中心の販売においては、巣籠り需要により安定的に人気のある美容系サプリ「J's kami高麗」のほか、「熟成発酵黒にんにくゼリー」「J.avec toiシリーズ」が好調に推移した。

2020年7月期は純利益が前期比9.7%増の2億6500万円、売上高が前期比0.9%増の93億円、経常利益が前期比4.4%増の3億7100万円、営業利益が前期比8.1%増の3億6800万円の見通し。

決算サマリー自動生成について
企業がネット上に開示した決算発表資料から業績データやポイントを人工知能(AI)技術を使って自動で文章を作成しました。詳しくはこちらをご覧ください
保存
共有
印刷
その他

ティーライフの適時開示情報

発表日 関連する適時開示情報
6月3日
15:00
2020年7月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム