2018年9月19日(水)

9/19 8:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 米国株、ダウ反発で184ドル高 海外株上昇で安心感、米中摩擦の懸念広がらず
  2. 2位: ヤフー、米アルタバからの卒業で広がる投資家の目[有料会員限定]
  3. 3位: 年末株高への助走始まるか 米中間選挙前は買い場[有料会員限定]
  4. 4位: NY商品 原油が反発、サウジが価格上昇を容認と伝わる 金は反落
  5. 5位: 米株、脱「貿易戦争」は本物か[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,735.83 +315.29
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
23,630 +350

[PR]

決算サマリー(Beta)

※企業開示をもとに自動で作成。詳しく見る

日本テレホンの18年5~7月期、最終損益200万円の赤字

2018/9/12 15:31
保存
共有
印刷
その他

 日本テレホンが12日に発表した2018年5~7月期の決算は、最終損益が200万円の赤字(前年同期は5600万円の赤字)となった。売上高は前年同期比3.3%増の12億円、経常損益は600万円の赤字(前年同期は5000万円の赤字)、営業損益は600万円の赤字(前年同期は4900万円の赤字)だった。

 移動体通信関連事業においては、前事業年度に閉店した「情報通信ショップ」の閉店の影響もあり、売上高・販売台数ともに前年同期を下回る結果となった。リユース関連事業においては、前事業年度より注力している法人チャネルに営業リソースを集中することによって、販売台数は減少ながら、売上単価が伸びたことにより売上高は大幅に前年同期を上回る結果となった。

 2019年4月期は税引き利益が2000万円、売上高が前期比1.4%減の51億円、経常利益が2500万円、営業利益が3000万円の見通し。

決算サマリー自動生成について
企業がネット上に開示した決算発表資料から業績データやポイントを人工知能(AI)技術を使って自動で文章を作成しました。詳しくはこちらをご覧ください

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

日本テレホンの適時開示情報

発表日 関連する適時開示情報
9月12日
15:30
平成31年4月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(非連結)

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム