/

ホンダ、新たな成長・価値創造を可能とする企業への変革を目指し組織運営体制を変更

企業:ホンダ
産業:

発表日:2022年02月18日

組織運営体制の変更について(2022年4月1日付)

~新たな成長・価値創造を可能とする企業への変革を目指して~

Hondaは、モビリティを通じて移動と暮らしの領域で「すべての人に生活の可能性が拡がる喜びを提供する」という目標の実現に向けて、新たな成長・価値創造を可能とするサービス・ソリューション志向のモビリティカンパニーへの変革を目指し、組織運営体制を変更します。

<組織変更要点>

・ハードとソフトやサービスを融合させた、新価値創出強化のための新組織を発足

・電動化、デジタル時代に対応した、事業本部と地域本部のオペレーション進化

・既存領域の事業運営体制の統合による体質強化

※参考画像は添付の関連資料を参照

<具体的な変更内容>

■事業開発本部の発足

・電動事業開発、新事業開発、ならびに複合型ソリューション事業開発の機能強化

・ソフトウェア開発の機能強化

・電動コア技術開発の機能強化

■四輪・二輪・パワープロダクツ事業領域 組織運営体制の変更

・事業執行会議(BOB)新設による、事業本部主導のグローバル資源配分最適化

[四輪事業]

 ・新組織「事業開発本部」との連携体制の構築

 ・生産技術、品質、およびサプライチェーンの強化によるものづくり改革の加速

[二輪・パワープロダクツ事業]

 ・事業運営体制の統合による各事業の体質強化と高効率化

 ・ものづくりセンター(二輪事業)と、各生産企画、購買企画、量産工場機能の統合によるものづくりの進化

■地域本部のオペレーション進化

・事業執行会議(BOB)と連携した最適グローバル戦略の実行

・欧州地域本部とアフリカ・中東統括部を統合

2050年に、Hondaの関わる全ての製品と企業活動を通じて、カーボンニュートラル実現に向けてハードとソフトやサービスを融合し、新たな価値を創造する企業への変革に取り組んでまいります。

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/627055/01_202202181611.jpg

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン