/

三井不動産レジデンシャル、ホテルライセンス型サービスアパートメント「オークウッドホテル&アパートメンツ麻布」を開業

発表日:2022年01月13日

三井不動産レジデンシャル初となるホテルライセンス型サービスアパートメント

「オークウッドホテル&アパートメンツ麻布」 1月14日に開業

三井不動産レジデンシャル株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:嘉村 徹)は、2022年1月14日に当社初となるホテルライセンス型サービスアパートメント「オークウッドホテル&アパートメンツ麻布」(東京都港区)を開業いたします。

本物件は、東京メトロ南北線・都営大江戸線「麻布十番」駅徒歩2分と利便性に優れ、東京タワー・国際色豊かな麻布十番・六本木にも至近です。三井不動産レジデンシャルが開発、開業後は世界13カ国でサービスアパートメント事業を展開するOakwood(オークウッド)(本社:シンガポール、最高経営責任者:ディーン・シュレイバー)が運営します。

当社は、分譲および賃貸住宅事業を通じ、デベロッパーとしてお客様の声をお聞きし、商品・サービスへ反映することで、多様化するニーズ・ウォンツに応える住まいづくりを推進してきました。これまで培ってきた当社の企画・開発・品質管理・運営に関するノウハウと、サービスアパートメント事業におけるオークウッド社の実績・経験を融合させ、高品質なサービスアパートメント提供いたします。

今後も全住宅事業のブランドコンセプト「Life-styling × 経年優化」のもと、多様化するライフスタイルに応える商品・サービスを提供することで、持続可能な社会の実現・SDGsへ貢献してまいります。

また、脱炭素社会の実現に向けた環境面での取り組みとして、三井住友建設株式会社(東京都中央区、代表取締役社長:近藤 重敏)が開発した高性能コンクリートを使用したデザインパネルを本物件にて初めて採用いたします。

<「オークウッドホテル&アパートメンツ麻布」について>

1.当社初となる、1日から利用可能なホテルライセンス型サービスアパートメント。

2.国内13件目となる、実績豊富なオークウッド社による運営。

3.多様なライフスタイルに合わせた客室・共用部。全171室の家具・家電を備えた客室は、約26m2~約107m2の4タイプを用意。ビジネスやレジャー利用にとどまらず、テレワークや一時的な仮住まい等、多様なニーズに対応。

※参考画像は添付の関連資料を参照

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像(1)

https://release.nikkei.co.jp/attach/625345/01_202201171008.jpg

参考画像(2)

https://release.nikkei.co.jp/attach/625345/02_202201171008.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/625345/03_202201171008.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン