/

凸版印刷とsouco、物流DX分野における倉庫ソリューション開発で協業

発表日:2021年12月24日

凸版印刷とsouco、物流DX分野における倉庫ソリューション開発で協業

両社のもつ技術・ノウハウを掛け合わせ、多様化する保管需要に対し、様々な倉庫の遊休スペースを有効活用する新たなビジネスモデルの開発を目指し、資本業務提携を締結

凸版印刷株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:麿 秀晴、以下 凸版印刷)と、倉庫の空きスペースと荷物の保管場所を探す荷主のマッチングプラットフォーム「souco」を運営する株式会社souco(ソウコ、本社:東京都千代田区、代表取締役:中原 久根人、以下souco)は、物流DX(デジタル・トランスフォーメーション)分野における倉庫ソリューション開発での協業に向け、2021年12月に資本業務提携契約を締結しました。

soucoは、物流×ITのスタートアップ企業として「物流リソースの最適配分を支える」というミッションのもと、ユニットロード化された荷物を全国一律料金で保管することができる保管サービスのほか、大口利用顧客向けの個別のマッチングサービスを手掛け、今年6月時点での倉庫提供アカウントと倉庫利用(荷主企業)アカウントの合計数は2,000社超(※1)となっています。

また、凸版印刷は今年6月、デジタルピッキングシステム(※2)国内最大手の株式会社アイオイ・システム(本社:東京都大田区、代表取締役:多田 潔、以下 アイオイ・システム)を子会社化し(※3)、両社の持つ商品や技術、ノウハウを組み合わせて物流DX分野における運用支援サービス開発を推進しています。

本提携により、凸版印刷とアイオイ・システムが保有する物流倉庫の運用支援システムと、soucoが持つ倉庫の遊休スペース活用サービスを融合し、多様化する保管需要に対して、ITを活用したアセットライトな物流倉庫の構築・運用を支援するビジネス等を検討していきます。

*ロゴは添付の関連資料を参照

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

ロゴ

https://release.nikkei.co.jp/attach/624572/01_202112241105.PNG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/624572/02_202112241105.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン