/

ヤクルトと名大、術前化学療法を受ける食道癌患者におけるシンバイオティクス摂取の有効性を確認

産業:

発表日:2021年12月21日

術前化学療法を受ける食道癌患者におけるシンバイオティクス摂取の有効性を確認

~シンバイオティクス摂取によるバクテリアルトランスロケーションおよび重度胃腸障害の抑制~

株式会社ヤクルト本社(社長 成田 裕)と国立大学法人東海国立大学機構名古屋大学は、シンバイオティクス摂取が術前化学療法を受ける食道癌患者のバクテリアルトランスロケーション(※1)(以下、BT)と重度の胃腸障害を抑制することを確認しました。

食道癌の治療では、抗癌剤を用いた化学療法を行った後に手術を行うのが一般的ですが、食道癌の開腹開胸を伴う手術は侵襲が大きく、術後に重篤な臓器障害や感染性合併症が生じ、患者の予後に大きな影響を与えることが問題となっています。食道癌患者では手術によって術後感染症の一因となるBTが誘発されますが、術前・術後の管理にシンバイオティクス(※2)を用いることにより、BTを抑制できることがこれまでの研究で確認されています。

一方で、術前化学療法も胃腸粘膜に強い影響を及ぼすため、BTを生じる可能性が考えられますが、術前化学療法によるBT発生については明らかにされていませんでした。

そこで、本研究では術前化学療法によるBTの発生を明らかにし、さらにそのBTをシンバイオティクスで防御できないか、食道癌患者を対象とした無作為化比較試験(※3)にて検証しました。

その結果、シンバイオティクスを摂取しなかった患者では、血液中および腸間膜リンパ節から腸内細菌が検出され、BTの発生が確認されましたが、シンバイオティクスを摂取した患者では菌はほとんど検出されず、BTが抑制されていました。さらに、シンバイオティクス摂取により、重度の胃腸障害の軽減や腸内環境の改善も確認されました。

シンバイオティクスの摂取は術前化学療法を受ける食道癌患者に対し、腸内環境の改善を介して、癌治療中の負担を軽減する可能性があり、今後、医療領域での更なる活用が期待されます。

本研究成果は、学術雑誌「Clinical Nutrition」(2021年10月12日付)に掲載されました。

*本研究では、シンバイオティクスとして乳酸菌ラクチカゼイバチルス パラカゼイ シロタ株を含む発酵乳飲料、ビフィズス菌ビフィドバクテリウム ブレーベ ヤクルト株を含む発酵乳飲料、ガラクトオリゴ糖液糖を用いています。

◇以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/624324/01_202112211345.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン