/

NEC、エコシステム型CVCファンドを新設

企業:NEC
産業:

発表日:2021年12月17日

NEC、総額1.5億米ドル規模のエコシステム型CVCファンドを新設

~将来社会のビジョンを実現するネットワークインフラやデジタルサービスの創出へ~

NECは、社会価値創造型事業に必要なエコシステムをリードするために、顧客やパートナーとの協業を加速させ、外部の新しいサービス・知見・技術を導入するエコシステム型コーポレート・ベンチャー・キャピタル(CVC)ファンド「NEC Orchestrating Future Fund」を新設しました。

2022年6月末を目途に、本CVCファンドに賛同する事業会社(通信系、銀行など一業種一社を予定)からの出資を募り、総額1.5億米ドル(約170億円)規模のファンドを目指します。

NECは、ネットワークテクノロジーの進化とデジタルサービスの変容が、新しい社会価値創出をけん引すると考えています。本ファンドを通じてテクノロジーとサービスの両面に投資し、相乗効果を生むことによって投資価値の最大化を狙います。さらに、新たな社会価値創出に共感する事業会社や投資先スタートアップを巻き込み、新事業開発活動の加速化を図ります。

ターゲット領域は、5G・6G、DX、デジタル・ガバメント/デジタル・ファイナンス、スマートシティ、ヘルスケア・ライフサイエンス、カーボンニュートラルの6領域です。

■本ファンドの概要

●名称:NEC Orchestrating Future Fund

●目的:将来社会のビジョンを実現するネットワークインフラやデジタルサービスの創出

●設立日:2021年12月16日

●出資総額:1.5億米ドル(約170億円)

●運用会社:Translink Capital

●主な投資地域:米国、イスラエル、欧州、アジア

●投資対象:5G・6G、スマートシティ、デジタル・ガバメント/デジタル・ファイナンス、DX、ヘルスケア・ライフサイエンス、カーボンニュートラルに関連する技術・サービスを有するスタートアップ

※参考画像は添付の関連資料を参照

以上

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/624040/01_202112171102.jpg

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン