/

東急建設、建設現場での水素を使った燃料電池式発電機の有効性を実証

発表日:2021年12月14日

業界初、建設現場での水素を使った燃料電池式発電機の有効性を実証

発電時の二酸化炭素排出量ゼロを達成

-環境省「CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業」の一環として-

東急建設株式会社(社長:寺田光宏、以下当社)は、建設現場での「脱炭素」を実現するため、現場で使用する「可搬型発電装置(※1)」を、水素を使った燃料電池式とすることで発電機の発電時二酸化炭素排出量がゼロとなることを実証しました。

これは、デンヨー株式会社(社長:白鳥昌一)が2021年4月に開始した「可搬形発電機の燃料電池化の実証(※2)」に、当社が積極的に参画し実現に至ったものです。

※1 「可搬型発電装置」とは、持ち運んだり移動させたりすることが可能である発電機。多くの場合ディーゼル燃料式で、建設現場では欠かせない発電機。

※2 デンヨー株式会社が2019年に採択された環境省の「CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業」の一環として、2021年4月に開始した実証実験。

 (デンヨー株式会社)ニュースリリース:燃料電池式可搬形発電装置の開発、実証運転の開始

 https://www.denyo.co.jp/pdf/news/release_fc_generator_20210412.pdf

実証実験は本年10月、「R2 国道 246号池尻地区共同溝補強工事」にて、「燃料電池式可搬形発電装置が、工事現場でエンジン発電機と同じように使用できるか」の評価を目的に下記のポイントで行いました。

1.発電能力(消費電力に対する出力電圧の安定性)

2.発電装置の取り扱い(運搬、設置、操作)

3.運転中の発電装置の評価(騒音、排熱、振動)

4.高圧水素ガスの取り扱い(運搬、火気離隔距離の確保)

【実証結果】

1.鉄筋切断機、送風機等の負荷機器使用時において電源品質の安定性を確認した。

 出力電力としては最大3.2KW程度。これに対し、出力電圧は100V±2%以内と安定しているため、負荷機器の使用に問題がないことがわかった。

2.搬入・荷卸し時の空頭制限高が6m未満と非常に厳しい制約がある中、3tクレーン付き4t車を使い、水素ボンベ単体をバラして持ち込む対応としたことで円滑で安全な作業を行うことができた。

 現場内での操作も安全に問題なく行うことができた。

3.音は非常に静かであり、排熱・振動に関しても問題なく稼働することが確認できた。

4.高圧水素ガスの取り扱いに関しても問題なく行うことができ、火気隔離距離の確保も十分な距離を置くことができた。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/623679/01_202112141040.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン