/

JR九州とPayPay、PayPayのQRコード決済機能を活用した特急券の導入について実証実験を実施

発表日:2021年12月13日

PayPayで購入できる特急券の実証実験を行います!

九州旅客鉄道株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長執行役員:青柳俊彦、以下「JR九州」)とPayPay株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員CEO:中山一郎、以下「PayPay」)は、JR九州の一部区間の特急列車を対象として、PayPayのQRコード決済機能を活用した特急券の導入について実証実験を行います(サービス名称についてはホームページなどでお知らせします)。

JR九州は、本特急券の導入により券売機や窓口に立ち寄る必要のない、特急券の新しい購入方法をご提供することで、ご利用になるお客さまの利便性を高めたいと考えており、PayPayは、日本全国どこでも安心してキャッシュレスで買い物ができる世界の実現を目指し、キャッシュレス決済の拡大を図っていきたいと考えております。

※参考画像は添付の関連資料を参照

<実証実験の概要>

1.期間

2022年1月7日(金)~2022年3月31日(木)

2.区間

鹿児島本線 門司港・博多間および日豊本線 小倉・行橋間の在来線特急列車停車駅相互間

<特急列車停車駅>

 門司港、門司、小倉、戸畑、八幡、黒崎、折尾、赤間、東郷、福間、香椎、吉塚、博多、下曽根、行橋

3.本特急券の効力

・乗車券(ICカード乗車券を含む)と合わせて、設定区間の特急ソニック等の特急列車の普通車自由席にご乗車いただけます。

・特急列車に乗車する駅の発車時刻の1時間前から発車時刻までに決済されたものに限り1回有効です。

・乗り越し等など、区間の変更はできません。乗り越しの場合は別に必要な特急券をお買い求めください。

4.発売・使用方法

(1)発売

 特急列車停車駅に、当駅発の特急料金が設定されたQRコードを掲出します。

 お客さまご自身でPayPayアプリから決済を行ってください(発売額は別紙のとおり)。

(2)特急列車車内において

 係員がきっぷの確認に参りましたら、PayPayアプリの「取引履歴」から当該特急券の決済画面を係員にお見せください。係員が内容を確認させていただきます。

(3)その他

 有効期限は決済から2時間以内で未使用の場合に行います。なお、払いもどしはPayPayで行い、現金での取扱いは行いません(払いもどし手数料220円が必要です。お支払いはPayPayで決済いただく必要があります)。

※別紙は添付の関連資料を参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/623647/01_202112131519.png

別紙

https://release.nikkei.co.jp/attach/623647/02_202112131519.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:
産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン